新年あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします

ということで、平成最後の年であり新たな元号が始まる年となる2019年が始まりました。

当社としても創立20周年を迎える節目の年です。

毎年元日には一人会社に出社して新しい一年に実現したいことを紙に書いてまとめるということをやっておりまして、今年も朝から一人机に向かって色々と書き連ねておりました。

今年は当社にとって大きな事案にいくつか挑戦する予定で、そのための細かい数字の分析などは昨年中に色々と進めてましたので、今日はもっと大枠のこうしたい、ああしたい、といったことを書き付けました。

そんな中、今までちゃんと決めていなかった会社の経営理念というか社訓というか、そういったものを一度整理してみようと思い立ち、色々とまとめてみました。

まずは経営理念。

これは我々がどういった思いをもって日々仕事に励んでいくかということの核になる部分なので、出来るだけ分かりやすくなるように文章にしました

「創意工夫を凝らして糸を作るということは、服を着る人の幸せを想うということである」

糸を作るというのは糸を作るのが最終目的ではなくて、それが服になってそれを着る人が満足することが最終目標なんだということです。

子供と遊ぶときの服、デートに出かけるときの服、普段着、自分たちの糸が形を変えてどんな服になってどんな人たちに着て貰うのかを想像して、その人たちが楽しくなったり嬉しくなったりするために糸屋さんとして何が出来るかということを一生懸命考えて、それを商品に込める。

そういう姿勢で日々仕事をしていきましょうという気持ちを会社全員で共有していきたいと思います。


社是は

「楽しく真面目に糸作り」


これはすでに弊社の梱包資材なんかにも書いてある、合言葉みたいなものですね。

糸作りを楽しむことも大事、真摯に取り組むことも大事、どっちが欠けてもよくないですよということをシンプルにまとめたものです。

社訓は5つ。

一.自由な発想で糸を作り、服を着る人を楽しい気持ちにすること
一.誠実を重んじ、服作りに携わる全ての人たちに貢献すること
一.自分自身が成長できると信じ、何ごとにも妥協無く取り組むこと
一.アイデアは実行に移すことで価値を生むということを知ること
一.質の高い仕事のために心身と身辺の整理整頓を心がけること

このあたりは日々の取り組みについての心がけの部分です。

思考や行動の基本姿勢というか、軸の部分というか、意思決定に迷ったときに目印となるような基礎の部分を支える考え方です。

社訓については自分がなにか感銘を受ける出来事や言葉との出会いがあったり、新しい発見があったりしたらまたアップデートすればよいかなと思っております。

この他に、自分自身に与える今年のテーマとして「自分にもっと期待する」というのを考えました。

なんだかんだで諦めてしまっていることや苦手意識を持っていることにもチャレンジするようにしなければいけないし、今出来ていることももっと高いレベルで出来るのではないかと考えてトライしてみる。

そういう気概を持っていこうという思いを込めたテーマです。

さて、どんな一年になりますでしょうか。

楽しみです。

皆さま、重ね重ね、本年もよろしくお願いいたします!