東大阪繊維研究所ブログ

ニットセーター糸の企画・製造・販売の会社「エップヤーン有限会社」で社長をやっております。糸屋が作るTシャツ「東大阪繊維研究所」のことや、糸作り、Tシャツ作りについて、日々の暮らしのことについて、ボチボチと書き連ねていこうと思います。

東大阪繊維研究所ブログ イメージ画像

2018年10月

関西地方も日中から少し肌寒くなってきまして、いよいよ冬も近づいてきたかなと感じる今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。つい先日、とある取引先の若者(男前)から「最近のエップヤーンのブログは内容が硬くシリアスすぎる。以前はもっと砕けた雰囲気で気軽
『ファンシーヤーンの作り方の基本中の基本。』の画像

当社は設立以来ずっと春夏向けのニット糸を中心に販売してきました。中でも天然素材といわれるコットンやリネンの取り扱いが圧倒的に多く、それらの素材背景や製造工程などについて私自身、実務経験を通じてそれなりに学んできたつもりです。これまでは自分の仕事に生かせる
『持続可能性という言葉はこれからもっと大事になってくると思います。』の画像

来月11月18日(日)に開催される「OTAIYA市 in 顕証寺」に東大阪繊維研究所と木星社で出展いたします。今回は私の友人が運営しているパン教室「Vegemile(ベジマイル)」さんも一緒に参加してくれます。ベジマイルさんのウェブサイトhttp://vegemile.co
『今回の「OTAIYA市 in 顕証寺」には八尾のVegemile(ベジマイル)さんと共同出展します。』の画像

最近国産のジン、いわゆるクラフトジンと呼ばれるジャンルのお酒にはまっております。ジンというお酒はその製法の特徴からそもそも複雑で独特な味わいのものが多く、各社個性を上手に発揮して様々な味を作り出していて、その中に日本のメーカーもちらほら登場し始めているよ
『「日本製」や「メイドインジャパン」という言葉だけではモノは売れないのじゃないでしょうか。』の画像

当社では主にコットンやリネンなど春夏のニット糸を取り扱っております。ニットというのは大雑把に言えば編み物のことです。編み物と言ってしまうとご家庭で手芸として楽しむ手編みを想像される方も多いでしょうか。当社で販売している糸はいわゆる機械編み用なので、この手
『当社では丸編みの生地も販売しております。』の画像

↑このページのトップヘ