仕事柄ファッション業界の方たちと接することが多く、皆さんの服装のセンスに感心することが度々あります。
着ているものや着こなしを見ていると、なるほどこの人は洋服が好きでファッションを楽しんでいるのだなというのが伝わってきます。

自分はどうかといいますと、実はファッションというものにほとんど興味がなかったりします。

誤解のないように言うと、服には凄く興味がありますがファッションにはあまり関心がないというのが正確かもしれません。

パンツ(と書いてますが日常生活ではズボンと呼んでることの方が多いです)の丈が9分丈だったり、アンクル丈になってみたり、テレビで大手アパレルのCMを見ているといつも新しいものを流行らせようと一生懸命宣伝してて、街中を見るとちゃんとそんな感じにみんなの服装が移ろっていたりします。

以前にも書きましたが短パンの丈も膝下だったのが膝上になって、下手したらホットパンツみたいなので街中を歩いている人がいたり。

何年か前に蝶ネクタイが流行した時があり、とある取引先のアパレル関係の人が打ち合わせにサンダル履きで膝上短パンと半袖のシャツに蝶ネクタイで登場しました。

さすがにこれはちょっと触れた方が良いのかなと思い「あれ?もしかして笑い取りに来てますか?」といってみたら真顔でムッとされました。

さすがに膝上短パンに蝶ネクタイは今でもちょっとおかしいんじゃないかと思いますが、ともかくはそんなことがあって以降、多少おかしなカッコだなと感じる人が現われてもそれには触れないように気をつけています。

いま流行っているものに何かとイチャモンをつけるおじさんにはなりたくないというのもありますので、理解できない流行があっても「あぁ、これが今の感じなのか」と思うくらいにしようと努めています。

自分はファッションに疎いのだということは以前から感じていましたし、年齢も40歳を過ぎたので余計にトレンドやら流行やらを感じ取るアンテナも朽ち果ててしまい、いよいよ何がオシャレなのかぜんぜん分からなくなってきました。

「自分に似合っていたらそれで良いんですよ」とか、「自分が好きな服装でいれば良いんですよ」とか言うセリフを聞くこともありますが、自分が好きなものでまとめた結果、「あの人は凄くオジサンくさい」とか「そこはかとなくダサい」と思われてしまうのはできれば避けたいと思っています。

仮に「ポロシャツがスラックスに入っているのが好きなスタイルです」ということで実際その格好で私が登場したらやっぱり皆さん「あれ?何か気になるな。。。」となるわけですよね。。。

オシャレとかカッコいいと思われたいわけではなく、できれば仕事等で相対した人が私の服装に違和感を感じない程度の感性くらいは持っていたいところです。大多数の同年代の男性はここに共感を持ってくれるのではないかと思いますが、いかがなもんでしょうか。

実際のところ私自身が服装について気にしていることは「清潔感があるかどうか」だけです。

色や柄が派手すぎないものを選びますし、素材がテカテカしてたりいかにも安っぽく見えるものは着ません。

実際清潔でちゃんと洗濯している服を着るわけですが、デニムにしても色の落ち方を気にしたことはなく何回か穿いたら洗濯します。なんならアタックとかでしっかり洗います。デニムに穴があいたらすぐに修繕に出して直します。
襟元がよれたポロシャツやTシャツなんかは好まないですし、袖口や衿が擦れて生地がほつれたものは着ません。

気にしているのはこの程度のことです。

今の時期ならTシャツ2~3枚、襟付きのシャツ2~3枚、パンツは2~3本で上下の組み合わせだけを気分に合わせて代える。バリエーションが少ない分、各アイテムはめちゃくちゃ気に入っているものだけで回したい。

といった感じが自分の理想でしょうか。

先に書いたとおり、服は凄く好きなので好きなものだけを身に着けていたいと思っています。

ジーパンはこの10年以上UESというブランドのレギュラータイプしか購入していません。分厚くてガシッと硬くてしっかりした生地と、シンプルなシルエットが気に入っています。

仕事で穿いているパンツは近所の作業服屋さんで見つけたScot.Incというメーカーのストレッチパンツだけです。これについては社員全員に勧めるくらい履き心地が良いです。驚異的な伸縮性で機械操作や商品の運搬等の作業をしていても足腰が疲れません。デザインもカジュアルでいかにも作業服という感じでもないので、これを穿いて普通に外出しています。

襟付きのシャツはほとんどSTEVEN ALANです。ここのSサイズが体にぴったり合うのと着丈がちょうど良く、生地の素材感やプリントデザイのも面白いものが多くて気に入っています。

Tシャツは以前Loopwheelerのスイスコットンのシリーズというのを気に入って着ていましたが、廃番になってしまったらしく最近は自分のブランドの試作品をテスト代わりに着まわしています。

数年前までは色んなセレクトショップを回って服を探していたのですが、最近は決まったものしか身に着けておらず流行からは程遠いということが改めてよく分かりました。

最近「もっと沢山の服を見て回らねばいかん!」と思い立って服屋さんにちょいちょい立ち寄るようにしていますが、正直なところ心底気に入って「欲しい!」となるものに出会うことはほとんどありません。

ときには雑誌を買ってみてどんなスタイルが流行っているのか見てみることもありますが、ピンとくるものもほとんどないです。オーバーサイズのTシャツの着心地の悪さなんてもう全然受け付けられません。。。ジャストサイズじゃなきゃ気持ち悪くて着られない。。。でも若い人がダボダボのTシャツを着ているのを見ると、「良い感じに似合ってるなぁ」と思ったりもします。。。

あまりにも長い間同じような服しか着ていなかったせいかもしれないですが、久しぶりに色んなお店を見て回ったけれども全然欲しいものが見つからなかったために、何がオシャレで何がカッコいいのか余計に分からなくなってしまいました。

仕方がないから、今着ているものが知らない間に凄くダサいカテゴリーに入ってしまっていないことを祈っています。