東大阪繊維研究所ブログ

ニットセーター糸の企画・製造・販売の会社「エップヤーン有限会社」で社長をやっております。糸屋が作るTシャツ「東大阪繊維研究所」のことや、糸作り、Tシャツ作りについて、日々の暮らしのことについて、ボチボチと書き連ねていこうと思います。

東大阪繊維研究所ブログ イメージ画像

エップヤーン有限会社

糸屋をやっていると繊維産業やアパレル産業に携わる様々な職業の方々と話す機会があります。紡績や染色工場の開発部門や工場勤務や営業職、撚糸工場の職人さん、ニットメーカーの現場の技術者や営業職や管理職の方々。糸を巻く紙管メーカーの方や糸につけるワックスメーカー

冬物のウールと夏物のリネン。本来は別々の時期に活躍する素材ですが、この2素材を組み合わせて新たな糸を作って欲しいというご要望が最近増えております。当社がリネンを主力素材として扱い始めたのは約15年前。そのころはリネンのセーター自体が市場に少なかったという
『猛暑と暖冬の影響でしょうか。。。サフィランのフレンチリネンとウールの複合素材が最近人気です。』の画像

引き続き、当社のものづくりを業界内でどうやって差別化していくかというお話です。前回の最後にキーワードはスピードと書きました。当社が商品を販売するまでの流れは以下のような感じです。商品企画↓試作↓資料作成↓客先提案↓サンプル受注~デリバリー↓本生産受注~デ
『商品企画・サンプル作成・本生産、全てのスピードを最速にするための体制作り。』の画像

今回は当社の事業を業界内でどう差別化していくかということについて書いてみようと思います。内容が非常に大切なテーマなので、おそらく2回に分けて書くことになるかと思います。このブログでも時折触れてきたとおり、日本国内の紡績や撚糸、染色の工場がここ数年でどんど
『差別化とは何ぞや。。。』の画像

先日あるお客様から「精神をリラックスさせる効果のある繊維を探しているのですが、取り扱いはありますか?」というお問い合わせを頂きました。私自身、いわゆるスピリチュアル系のお話には興味を持っていないので、これは適当に受け流すべき話かなと思いながらお話をうかが

↑このページのトップヘ