東大阪繊維研究所ブログ

ニットセーター糸の企画・製造・販売の会社「エップヤーン有限会社」で社長をやっております。糸屋が作るTシャツ「東大阪繊維研究所」のことや、糸作り、Tシャツ作りについて、日々の暮らしのことについて、ボチボチと書き連ねていこうと思います。

東大阪繊維研究所ブログ イメージ画像

糸作り

新しい商品のご紹介です!サラサラな肌ざわりのリネンコットン強撚糸。やや厚手なので透けにくく夏の1枚着ニットに最適な商品です。潤紡績という方法で作られたリネンとコットンの強撚糸を組み合わせました。リネンにはノルマンディ地方で収穫されるフラックス原料の一等亜
『夏を快適にする糸です!!潤紡績リネンと強撚コットンでシャキシャキサラサラの糸を作りました。』の画像

今回は私自身がやってしまいがちな「駄目な商品説明」のお話です。コロナウイルスが流行し始めて以来、対面で商品プレゼンをする機会がかなり減りました。かわりにズームやラインでのミーティングも一般的になったので、オンラインで商品説明することもあります。けれども、
『商品説明でついついやってしまいがちなこと。』の画像

当社で来期(というと来年ではなく2021年の春夏になるわけですが、、、)に向けて精力的に販売していく予定の新商品「GAUSS(ガウス)」。番手は2/17NMで、混率は100%Cotton。糸の表面をDryTunica(ドライチュニカ)加工という方法によっ
『当社の新商品「GAUSS」で編んだニットが軽く仕上がる理由。』の画像

昨年の夏ごろ、とある加工場の社長さんから突然メールを頂きました。内容は「何か一緒に仕事をしましょう」というストレートなメッセージ。まずはお話をうかがってみようと思い、すぐにメールを返信してお会いしました。最初はご来社いただきその後先方の工場に伺い何度かや
『共通の価値観が見つかる瞬間が共同開発の盛り上がりどころですね。』の画像

冬物のウールと夏物のリネン。本来は別々の時期に活躍する素材ですが、この2素材を組み合わせて新たな糸を作って欲しいというご要望が最近増えております。当社がリネンを主力素材として扱い始めたのは約15年前。そのころはリネンのセーター自体が市場に少なかったという
『猛暑と暖冬の影響でしょうか。。。サフィランのフレンチリネンとウールの複合素材が最近人気です。』の画像

↑このページのトップヘ